整形で若返る|整形をするときは腫れない二重の方法を|安心してできる施術

整形をするときは腫れない二重の方法を|安心してできる施術

女の人

整形で若返る

女性

違和感がない

「目の下のたるみ」の大きな原因は加齢で、表情筋が弱って弾力を失うためにおこるという。1度加齢でたるんでしまった肌を完全に元の状態に戻すのは無謀だが、整形でいくらか取り戻すことができる。ひと昔前まではたるんで膨らんだ脂肪を取り除くだけの手術だったが、この方法は顔全体のおうとつがなくなり美しいとは言えなかった。そこで誕生したのが、取り除いた脂肪を目の下のへこんだ部分に注入する方法である。下まぶたのラインに沿ってカットして脂肪を取り除き、切った部分を縫って脂肪を注入する。たるみが解消され、カットした部分も分からず違和感もほとんどない。仕上がりもナチュラルで、回復するスピードが早いのもこの手術の優れたところである。

切開しない方法

「目の下のたるみ」を解消する整形の中に、切開しない方法もある。この方法は目立たないところから脂肪を吸引し、へこんだ部分に脂肪を与えてたるみを目立たなくする。吸引した脂肪は不純物を取り除くので、肌内部で定着しやすくなるという。ヒアルロン酸やプラセンタ注射は数年で効果がなくなるが、この方法は半永久的に持続する。その上痛みが少なく肌を傷つけることもない。ダメージを与えずに若さを取り戻せることで、現在たくさんの人から支持されているという。施術後良い状態をキープさせるには、トレーニングをして目の下の筋肉を鍛えることも肝心である。表情筋を鍛え上げることで老化防止になり、イキイキとした目元をつくれるという。